膣引き締めの正しい治療法&女性に多い悩みについて

レディ

女性の悩みはとても深刻

膣の緩みは婦人科系の悩みに多いですが、デリケートゾーンの臭いも多くの女性が抱える問題です。女性は生理やおりものがあるので、それが陰部の臭いに直結すると考えられています。デリケートゾーンの臭いを解消するには、専用のソープを使ったり、腸内環境を整えたりする等して対策する必要があります。

カウンセリング

膣が緩む原因

パートナーに膣の緩みを指摘されたなどの声もあり、言われる側はショックを隠しきれません。主な理由は更年期、出産などです。膣が緩むことで、尿もれがしやすくなり、また性行為に対して苦痛を伴うこともあります。悩みを改善するには、膣引き締めの施術を受けることが大切です。

婦人

カウンセリングに行こう

女性器の悩みは、その道のプロに話しを聞いてもらうのが一番です。担当者が女医なら、恥ずかしがる事無く悩みを吐き出せるでしょう。東京のクリニックでも長年の経験と実績で、患者に最も最適な膣縮小施術を提供してくれます。

膣引き締め施術の方法

困る女性

レーザー治療

女性専用のレーザーを使って、膣の若返りを図るというものです。膣の奥にある子宮口前からその入り口、尿道に近い部分と幅広い箇所に活用できます。全体的に引き締めたい方に向いた治療法でしょう。

超音波マシン

膣引き締めや膣を縮小させるマシンを使うことで、女性特有の膣の悩みを改善できます。超音波マシン自体がリフトアップやボディ引き締めに使用されているので、そのタイトニング効果は信頼してOKでしょう。超音波によってさらに奥まで熱エネルギーを伝え、深層コラーゲンの生成を手助けします。

ビビーブ

こちらも超音波を使ったマシンで、手術や運動で改善がみられなかった時に選ばれています。高周波を膣内に加えることで、縮小効果と細胞の活性化を促すものです。直に膣を刺激する他、切らずにできる施術として話題となっています。

どこで治療すべき?

膣引き締めの施術を受ける時に悩むのが、治療場所です。整形外科と婦人形成の両方を比較してみたので、病院探しの参考にしましょう。

整形外科と婦人科形成の違い

美容整形

主に顔を中心に施術をします。例えば目を二重にする場合は、婦人科形成ではなく、美容整形外科にて治療を受けます。

婦人科形成

婦人科形成の目的は、女性器を美したり、機能回復を狙ったりすることです。美容整形とは裏腹に婦人系は人に話しづらいので、デリメートな面もあります。

不安はつきもの

技術の進歩があっても、膣引き締め施術を受けたことがない人にとっては不安だらけです。クリニックで治療をする前に、疑問を解消しておくといいでしょう。

膣に関するQ&A

女の人

膣の緩みは自分でチェックできますか?

尿もれ、出産経験がある、性行為時にコンドームが外れる、入浴後、膣からお湯が漏れるなどの症状がある場合は高い確率で膣が緩んでいます。これらに注意しながら確認しましょう。

施術しないと改善しませんか?

椅子を使ったエクササイズや、仰向けで行なうエクササイズなど、膣の緩みを改善する方法はいくらでもあります。しかし個人差があるので効果が出ない人はもちろんいます。何をしても改善しなければ、最終的に施術となります。

施術中痛みはありますか?

施術を受けた人によると、バチンと弾かれる感覚だけでほとんど痛みはないようです。また、施術した当日はヒリヒリとした痛みが出る可能性もあり、これらは数日で治まります。