辛いPMSの症状を改善する方法を一挙公開!

>トピックス>PMSになる原因&改善するために重要なこと

間違われやすい

妊娠を確認する前に起こる妊娠超初期症状とPMSは、両方共症状が似ているので見分けるのが難しいです。PMSを見逃さないためにも、違いを知りましょう。

妊娠超初期症状とPMSの違いを比較

妊娠超初期症状の特徴

妊娠初期症状とは、妊娠してから二週間後半〜四週間の時期をいいます。次回の生理前に排卵が起こり受精をして、一週間ほどで子宮内に着床します。この頃に、妊娠超初期症状が出始めます。主な症状は、おりものの変化、着床出血、腹痛が挙げられます。

PMSの特徴

PMSとは、月経前症候群の略称で女性のうち半数以上の人が生理前に不調を訴えています。代表的な症状としては下痢、腹痛、頭痛、胸の張り、倦怠感、腰痛、肌荒れ、吐き気、むくみなどがあり妊娠超初期症状に比べて症状が多いです。

意外と知られていない

なんとなくイライラして、気持ちが憂鬱などの症状は生理前に起こることがほとんどです。それを知らずに生活している人もいるでしょう。女性だからこそ、PMSを理解して上手に向き合う必要があります。

PMSをもっと理解するメリット

カウンセリング

自己管理しやすい

イライラや情緒不安定といった症状を出すPMSを深く理解することで、自分に降りかかるストレスや負荷のかかり具合が分かります。これにより自己管理を上手に行えます。

改善策を模索できる

PMSを理解すれば、体調不良を自分で改善したり、対策したりすることができます。また、改善法がわかれば自己嫌悪に陥っていた感情がなくなりスッキリします。

原因がわかってスッキリする

心の異変がPMSの影響だと知らずにいる人はとても多いです。不調でも、たまにはこんな時もあると開き直ることが多いです。また、毎月起こる変化についていけず、心が病む方もいます。原因がPMSとわかれば、より前向きに過ごせます。

PMSになる原因&改善するために重要なこと

ウーマン

PMSではない可能性もある

PMSは主に生理前に起こりますが、生理中に始まる方も少くありません。この場合はPMSではく、婦人系の病を抱えている可能性があります。また、生理終了後も続くようなら、注意しましょう。

レディ

症状は生理終了後に収まる

体や心に起こる不快感は、生理終了後にピタッとやむことが多いです。生理三日後に突入すれば、憂鬱な気分も晴れ、ポジティブ思考になっているでしょう。

困る婦人

PMSの原因

PMSの症状は女性ホルモンによるものです。生理周期に合わせて黄体ホルモンとエストロゲンの量が違いますが、生理前黄体ホルモンが不足すると、ホルモンバランスが崩れます。原因は生活週間の乱れ、ストレや疲労、冷え症が挙げられ、PMSの改善には女性ホルモンのバランスを崩す生活を正すことが大切です。

婦人

サプリメントを活用しよう

比較的継続させやすいのがサプリメントです。1日に数粒飲むだけでOKなので、食事での対策が難しい場合に最適です。中でもおすすめは、エストロゲンに似た成分や、ビタミン類などがバランスよく配合されたサプリメントです。他にもツボ押し、漢方、病院での治療で改善を図ることも可能です。

少しでも長く続ける

PMS改善のポイントは、少しでも長く続ける事です。症状が出ているうちに対策しても目立った改善は見られず、結局意味がなくなってしまいます。体の変化は自身しかわからないので、そこに気をつけて上手く続けることが改善の第一歩となります。